よくある質問 お問い合わせ facebook

SAKURA NAVI やりたい仕事、見つけよう!

「学生ブログ」を更新しました!

「企業を見つける」に「社会福祉法人 ほっとスマイル」を追加しました!

「企業を見つける」に「社会福祉法人 阪神福祉事業団」を追加しました!

「企業を見つける」に「社会福祉法人 慈仁会」を追加しました!

「企業を見つける」に「社会福祉法人 甲山福祉センター」を追加しました!

「人生を彩る就勝エッセイ」を更新しました

「企業を見つける」で、株式会社デジプレートの情報を更新しました!

「企業を見つける」で、ジェイカス株式会社の情報を更新しました!

「人生を彩る就勝エッセイ」を更新しました!

「企業を見つける」で、株式会社マガリジャパンの情報を更新しました!

「企業を見つける」で、株式会社中納言の情報を更新しました!

イベントに向けての会議

こんにちは!
サクラナビ学生スタッフの熊谷です。

12月8日にイベントに向けての会議を行いました。毎回、イベントの集客に悩んでしまうことが多いですが、今回は内容をどうするか?より楽しんでもらうにはどうするべきか?何が必要か?といった、中身の話を具体的に詰めることができました。

毎回、イベント参加者の方からは「参加したことで自分を見直すきっかけになった!」「気楽に考えられるようになった!」「企業見学に行きたい!」などのお声や、企業見学に行ってからは「ここで働きたい!」などのお声を頂いております。実際、イベントから就職先が決まった方も7名いらっしゃいます。

「誰がリクルートスーツを着て、堅苦しい面接をしましょう!」と決めたのでしょうか?それだけで本当に”相手の個性”を分析できるのでしょうか?

“人と人との就活”がここにはあります。
相手のことを知ること。
自分のことを知るということ。

社会の仕組みが変わり、迷いやすい時代だからこそ”ちゃんと人を見てくれる大人”の存在は必要不可欠です。そんな優しい大人の皆さんが、このイベントにはいらっしゃいます。まだまだ参加者募集中です。皆さまとイベントで、お会いできることを楽しみにしております!それでは!

サクラナビ事務局
西宮市西田町5-4 イーストサイド夙川201
スタジオR (株式会社アールコンシャス)
阪急夙川駅、JRさくら夙川駅、阪神西宮駅から徒歩10分ほど。
西田公園の近くです!
参加希望の方は、こちらから!

「どうやってその職に!?」をアップしました!

「企業を見つける」で、株式会社レックスの情報を更新しました!

こうすけの すばらしき趣味の世界

前日にカレーライスを3杯も食べてますますお腹が丸くなってきたので、一寸した用事のために夙川駅前のグリーンタウンまでぶらぶら歩くことにした。

先ずは阪急の苦楽園口駅に向かう。ボーイスカウトの先輩諸氏が駅前のうどん屋にいるというので、渡さねばならぬ書類をリュックサックに入れて来た。歩道に落ちて踏み潰された銀杏は独特に匂いを発している。

苦楽園口駅まで来てうどん屋に入ると、諸先輩方は昼間からビールを飲んでほろ酔い気味。なかなか良い趣味を持っておられる方々だ。書類を渡してそのまま失礼しようとすると、

 

T先輩    「おぉ、こうすけ。一寸飲んでいけよ。」

 

こうすけ   「これからグリーンタウンに行ってN先輩に用事があるんですよ。」

 

O先輩    「ええやないか。ええやないか。」

 

その趣味、私も嫌いではないのだが、このあとN先輩に用事もあるし、前日のカレーライス3杯の償いのための散歩の途中である。愉しい先輩方に別れを告げ夙川公園を南へ歩く。飛び石を使って川の対岸に渡るが、流れる水がきれいなのでしばし見とれてしまう。

 

 

公園には遊具などがあるが、子供の遊ぶ様は見られない。一方、夙川を北へ南へランニングする人たちは多く見られる。こちらはなんと健全なことか。カレーライス3杯は香枦園浜往復くらいのランニングに充当するだろうが、正直言ってそんな趣味のかけらも持ち合わせていない。公園のベンチで読書をしている人もいて、そっちの方が好みの趣味だ。

 

 

夙川駅前のグリーンタウンで化粧品店を営むN先輩になんの用事があったのかの説明は長くなるし、第一面白くもないので割愛するが、化粧品にはなんの関係もない。私こうすけ女装の趣味はありませぬ。用事を済ませ、少し雑談して夙川駅に向かう。とくにこれから予定もないのだが、阪急電車に乗って西宮北口に向かう。

 

 

西宮北口駅のコンコースの中央には時計があって、待ち合わせ場所として多くの人が利用している。人間観察も趣味としている私め、ここにいる人たちがどんな人を待っているのかチラチラと横目でウォッチング。

 

「あの美人はどんなイケメンを待っているのかな?」

 

「あの人遅刻したみたいで、エライ怒られてんで。ヒヒヒッ。」

 

あぁ、極めて悪趣味なり。

 

 

今日は時計の横でイベントが行われており、それは「鉄道模型運転会!!!」

 

 

Nゲージの大型ジオラマがあり、宮っ子おなじみの阪急電車や阪神電車の模型が走りまわっている。鉄道趣味のチビッ子達も真剣な眼差しで模型を見つめている。

 

image6

 

阪急電車の車庫も再現されていて、いろんな形式の阪急電車の模型が並ぶ。鉄道趣味の青年たちはさすがに知識が豊富なようで専門的な話で盛り上がっている。

 

image7

 

子供の頃、同じく鉄道趣味を持っていた私、中学生くらいになると鉄道模型を集めたこともあった。鉄道を専門にのめり込むことはなかったが、鉄道趣味が転じて旅好きになった。今では旅は趣味のひとつになっている。

模型の電車が走るのを見ていたチビッ子達と同じような眼差しで、幼稚園の頃のこうすけちゃんもよく線路脇のフェンスにしがみついて阪急電車を見ていたのだった。たしか、あの辺りのフェンスにしがみついていたんだなぁと駅の2階通路から遠い日の記憶をたどる。

 

 

さて、夜の帳は下りて夙川に戻り焼き鳥屋へ。今夜は東京で働くボーイスカウトの後輩が西宮に帰っているので、久々に飲もうということになっていたのである。昼間に先輩方の誘いを断った理由の一部はここにもあったのである。つまり、ビールは我慢して飲めばなお美味しいものなのだ。前日のカレーライスのことなどすっかり忘れて「乾杯!!」

 

いやぁ、仲間とワイワイガヤガヤ飲むのは愉しい。こういう時間を過ごすことも私の趣味に違いない。

 

「この世にし 楽しくあらば 来む世には

虫に鳥にも 我れはなりなむ」 (大伴旅人)

 

万葉集にあるこの歌は、この世で楽しくいられるならば、来世には虫にでも鳥にでもなりますよ、という意味であるが、大の酒好きの大伴旅人にとっての「楽しくあらば」は酒を酌み交わすことであって、仏教の五戒の一つである飲酒など意に介さないということである。

 

「この夜にし 楽しくあらば 来む朝には

二日酔いにも 我はなりなむ」 (こうすけ)

 

健全な趣味のかけらでも持ち合わせたほうがいいこうすけさんであった。

 

「企業を見つける」で、株式会社シュゼットホールディングスの情報を更新しました!

「学生スタッフブログ」を更新しました!

就活イベント無事終了

就活イベント無事終了しました!

「年忘れ、就活!」と題した会でしたが、今までで一番円滑に進んだと思います。今までで一番多くの参加者が集まりました。ありがたい限りです…

参加者の皆さんが主役ではありますが、自分自身の相談事もできたのでとても充実した4時間になりました。(「バイト先の組織や、新人育成ってどないしたらええんやろか…?」っていう話です。)

同時に自分の弱点も発見できました。
1.人前で話すことが下手
―個人的には自分は人前で話すのが上手いと思っていました。でもそれは学生や自分よりも年下相手への話であって、自分よりも年上の方の前では話になりません。何度も司会をやらせていただきますがまだまだだなぁと感じるところであります。
2.自分には人脈があるだけ
ありがたいことにこのイベントや、大学の関係で本当に素晴らしい大人の方々とコネクションがあります。しかし、あるだけでそれを何かに活かしたという経験はまるでありません。自分が置かれている環境を存分に使えていない。本当にもったいないことだと思います。今のコネクションで何かやりたいなと言うのが今の目標です。
3.現場を知らない
大学という場で、「経済学」という理論を学んでいます。もちろん経済学のすべてを知っているわけはないし、学んだことをすべて理解(それを誰にでも説明できる再現性を持つこと)しているわけでもありません。しかし、経済学部の学生は「現場を知らない」という批判を受けるといった話を教授から聞いたことがあります。僕もそれを痛感しています。社会は大きく変化しているのに、わからないこと・知らないことだらけだと思います。それはニュースで補うものではなく、人から学ぶものだと思います。だからこそ、自分の力で、自分のコネクションで学びたいと思うのです。

また、このイベント後には松下幸之助の『道』という話がいつも思い出されます。

=======================================
 自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのない道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。
 この道が果たしてよいのか悪いのか、思案に余る時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのだ。
 あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。
 他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
 それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。
=======================================

自分をよく知ること。
相手をわかるということ。
自分を相手に魅せるということ。
相手から自分を見つめ直すということ。

自分にとっても周りのみんなにとっても「道」が見つかりますように…