ひらめいた!

 

「ポケモンGO」というゲームは街中にいるポケモンを実際に探して捕まえるものらしい(詳しいことは聞かないで)。よし、私こうすけ、街中の「飛び出し坊や」を実際に探して写真に収めて捕獲してみよう。このゲーム名付けて「飛び出し坊やGO」。我ながら面白いゲームを考えたものである。橋の反対側には女の子タイプの「飛び出しお嬢ちゃん」を発見!簡単に2匹?を捕獲した。さらに狭い路地に入るとさらに違うタイプの「飛び出し坊や」を捕獲。この調子だと30匹は捕獲できるかな。足取りは軽やかになる。

 

P1030323

 

されど、その後「飛び出し坊や」はなかなか現れない。今まで通ったこともない路地に入りこんだりするものの成果はあがらず。そんなこんなで阪急夙川駅まで来てしまった。周囲を見ればおそらく「ポケモンGO」に興じている人が複数いる。一方「飛び出し坊やGO」に興じているのは私ぐらいだろう。そんな中、

 

「あら、こんにちは。お出かけですか?」

 

声の主は近所のおばさん。

 

「えぇ、ちょっと、、、、、。」

 

この「えぇ、ちょっと、、、、、。」という生半可な返答は、間違いなくろくでもないことをしている時の返答である。

 

 

 

夙川駅からさらに歩き続ける。幼稚園や学校の近くには出現頻度が高いだろうと推理し、松秀幼稚園、安井小学校の周辺を捜索するも見つからない。そこで一計を案じる。

 

阪神西宮駅の駐輪場にあるレンタルサイクルを利用し、機動力アップを図ろうという訳。

 

身分証明証を呈示して手続き完了!レンタル料300円を支払って、いざこぎ出でん!

 

P1030335

 

自転車に乗りながらの「ポケモンGO」は以ての外だが、「飛び出し坊やGO」は許されるだろう。途中、うなぎ屋さんの前ではそのいい香りに誘惑されて、店先を3回往復するなど機動力を活かした怪しい行動を繰り返す。でも、見つからない、、、、。

 

P1030336

 

気が付けば夙川オアシスロードを走っている。自動車の通行が禁止されているこの区間に「飛び出し坊や」があるはずもないのだが、そんなのお構いなし。もはやゲームを放棄しつつある。オアシスロードや御前浜付近でも「ポケモンGO」に興じる人を多く見る。みんな夢中になっている。

 

P1030339

 

なんだ、なんだ!何が「ポケモンGO」だ!配信されたものなのだから受動的なゲームじゃないか。それにひきかえ「飛び出し坊やGO」は自主的かつ独創的なゲームではないか!但し、全く面白くない。それでも「ポケモンGO」なんかに鞍替えするものか!絶対にもう1匹捕まえてやる!

 

「石に漱(くちすす)ぎ、流れに枕す」(注1)

 

流行のゲームを貶(けな)して、あくまで我流のゲームを譲らないこの負け惜しみの強い態度には、最先端のメカについていけないという劣等感が見え隠れする。ダウンロードって聞いただけで空を見上げてとぼけたふりをするような人が、ライバル心をメラメラ燃やして「飛び出し坊や」を探そうなどとするのである。

それにしても、夙川の河口付近から見る穏やかな海はキラキラと輝き美しい。また松並木の向こうに端正な姿をみせる甲山も美しい。こういう風景が目に入るのは、石に漱ぎ、流れに枕した故かもしれない。

 

P1030340

 

せめてもう1匹!と酒蔵地帯や交通公園、津門方面にも足を伸ばすものの全く見つからない。誰だ!こんなしょうもないゲームを考えたのは!恨んでやる!

 

そんな中ふと通りかかった松原神社から、祭りの笛や太鼓の音が聴こえてきた。そうか、明日から天神祭かぁ。大宰府に向かわれる途中の菅原道真公がこの地で休息したことから、この地で祀られるようになったとされる松原神社。大阪の天神祭とは比べ物にもならないだろうが、こじんまりしたお祭りもいいなぁ。これは負け惜しみなどではなく、郷土愛に由来する清々しい情感なり。

 

コンコンチキチンピーヒャララ、祭囃子に心うきうきしながら自転車をこいでいると、なんとスイミングスクールの前に女の子タイプの「飛び出しお嬢ちゃん」を発見!

やったぁ!!!!

 

 

P1030353

 

菅公のご神徳に両手を挙げて天を仰ぐおっさん一人。スイミングスクール帰りのお子様よ。そんなに冷たい目で見ないでおくれ。おっさんは、こう見えてもかなり苦労してゲームに挑んだのだよ。結局本日捕獲した「飛び出し坊や」は4匹。もし「ポケモンGO」に熱中する人達の会話に巻き込まれたら、堂々と言ってやる。「僕は4匹ゲットしたぜ。」と。

 

さぁ、一刻も早く阪神西宮まで戻り自転車返却して、冷たいビール飲もう!懸命に立ちこぎして猛進するおっさんを、スイミングスクール帰りのお子様は呆れた顔で見ている。そして、「飛び出しお嬢ちゃん」のセリフは「飛び出し注意!」から「飲み過ぎ注意!」へと変わった。

 

P1030354

"> <span>admin</span> | サクラナビ
よくある質問 お問い合わせ facebook

SAKURA NAVI やりたい仕事、見つけよう!

こうすけの 飛び出し坊やGO

朝早くからこれでもかと盛んに鳴き続けたセミも鳴くのに疲れたようで、土曜日の昼下がりは急に静かになる。テレビのニュースを見ていると、前日に日本で配信が始まったという「ポケモンGO」に夢中の人々が映し出される。その現象は「ポケモン狂想曲」と言うとか、言わないとか。

 

特段することもないので、熱中症対策に帽子を被って外に出てみることに。あてもなくぶらぶら歩いていると、樋之池公園の北にある西平橋に、今にも飛び出すぞと言わんばかりの男の子の看板が目に入った。それは、車に飛び出し注意を警告する「飛び出し坊や」。

みなさん街中でしばしば目にするやつである。

 

P1030322

ひらめいた!

 

「ポケモンGO」というゲームは街中にいるポケモンを実際に探して捕まえるものらしい(詳しいことは聞かないで)。よし、私こうすけ、街中の「飛び出し坊や」を実際に探して写真に収めて捕獲してみよう。このゲーム名付けて「飛び出し坊やGO」。我ながら面白いゲームを考えたものである。橋の反対側には女の子タイプの「飛び出しお嬢ちゃん」を発見!簡単に2匹?を捕獲した。さらに狭い路地に入るとさらに違うタイプの「飛び出し坊や」を捕獲。この調子だと30匹は捕獲できるかな。足取りは軽やかになる。

 

P1030323

 

されど、その後「飛び出し坊や」はなかなか現れない。今まで通ったこともない路地に入りこんだりするものの成果はあがらず。そんなこんなで阪急夙川駅まで来てしまった。周囲を見ればおそらく「ポケモンGO」に興じている人が複数いる。一方「飛び出し坊やGO」に興じているのは私ぐらいだろう。そんな中、

 

「あら、こんにちは。お出かけですか?」

 

声の主は近所のおばさん。

 

「えぇ、ちょっと、、、、、。」

 

この「えぇ、ちょっと、、、、、。」という生半可な返答は、間違いなくろくでもないことをしている時の返答である。

 

 

 

夙川駅からさらに歩き続ける。幼稚園や学校の近くには出現頻度が高いだろうと推理し、松秀幼稚園、安井小学校の周辺を捜索するも見つからない。そこで一計を案じる。

 

阪神西宮駅の駐輪場にあるレンタルサイクルを利用し、機動力アップを図ろうという訳。

 

身分証明証を呈示して手続き完了!レンタル料300円を支払って、いざこぎ出でん!

 

P1030335

 

自転車に乗りながらの「ポケモンGO」は以ての外だが、「飛び出し坊やGO」は許されるだろう。途中、うなぎ屋さんの前ではそのいい香りに誘惑されて、店先を3回往復するなど機動力を活かした怪しい行動を繰り返す。でも、見つからない、、、、。

 

P1030336

 

気が付けば夙川オアシスロードを走っている。自動車の通行が禁止されているこの区間に「飛び出し坊や」があるはずもないのだが、そんなのお構いなし。もはやゲームを放棄しつつある。オアシスロードや御前浜付近でも「ポケモンGO」に興じる人を多く見る。みんな夢中になっている。

 

P1030339

 

なんだ、なんだ!何が「ポケモンGO」だ!配信されたものなのだから受動的なゲームじゃないか。それにひきかえ「飛び出し坊やGO」は自主的かつ独創的なゲームではないか!但し、全く面白くない。それでも「ポケモンGO」なんかに鞍替えするものか!絶対にもう1匹捕まえてやる!

 

「石に漱(くちすす)ぎ、流れに枕す」(注1)

 

流行のゲームを貶(けな)して、あくまで我流のゲームを譲らないこの負け惜しみの強い態度には、最先端のメカについていけないという劣等感が見え隠れする。ダウンロードって聞いただけで空を見上げてとぼけたふりをするような人が、ライバル心をメラメラ燃やして「飛び出し坊や」を探そうなどとするのである。

それにしても、夙川の河口付近から見る穏やかな海はキラキラと輝き美しい。また松並木の向こうに端正な姿をみせる甲山も美しい。こういう風景が目に入るのは、石に漱ぎ、流れに枕した故かもしれない。

 

P1030340

 

せめてもう1匹!と酒蔵地帯や交通公園、津門方面にも足を伸ばすものの全く見つからない。誰だ!こんなしょうもないゲームを考えたのは!恨んでやる!

 

そんな中ふと通りかかった松原神社から、祭りの笛や太鼓の音が聴こえてきた。そうか、明日から天神祭かぁ。大宰府に向かわれる途中の菅原道真公がこの地で休息したことから、この地で祀られるようになったとされる松原神社。大阪の天神祭とは比べ物にもならないだろうが、こじんまりしたお祭りもいいなぁ。これは負け惜しみなどではなく、郷土愛に由来する清々しい情感なり。

 

コンコンチキチンピーヒャララ、祭囃子に心うきうきしながら自転車をこいでいると、なんとスイミングスクールの前に女の子タイプの「飛び出しお嬢ちゃん」を発見!

やったぁ!!!!

 

 

P1030353

 

菅公のご神徳に両手を挙げて天を仰ぐおっさん一人。スイミングスクール帰りのお子様よ。そんなに冷たい目で見ないでおくれ。おっさんは、こう見えてもかなり苦労してゲームに挑んだのだよ。結局本日捕獲した「飛び出し坊や」は4匹。もし「ポケモンGO」に熱中する人達の会話に巻き込まれたら、堂々と言ってやる。「僕は4匹ゲットしたぜ。」と。

 

さぁ、一刻も早く阪神西宮まで戻り自転車返却して、冷たいビール飲もう!懸命に立ちこぎして猛進するおっさんを、スイミングスクール帰りのお子様は呆れた顔で見ている。そして、「飛び出しお嬢ちゃん」のセリフは「飛び出し注意!」から「飲み過ぎ注意!」へと変わった。

 

P1030354

お笑い芸人(よしもとクリエイティブ・エイジェンシー)

漫才師をめざしたのは小学校4年生くらいのときに漫才ブームで、ツービートさん、紳助・竜介師匠、オール阪神・巨人師匠、西川のりお・上方よしお師匠、今いくよ・くるよ師匠が“若手“と呼ばれてテレビで漫才をバンバンするのを見ていたのがきっかけです。

僕は大阪市内出身で、「かっこいい」とかはないですけど、「おもしろい」と言われると嬉しい民族で(笑)。「おもしろい」と言われることに、かっこよさを感じでいました。

高校卒業後はCMプランナーの専門学校に通っていましたが、そこでへびいちごの島川(さん)と同級生だったんです。ふたりで漫才師になろうということになって、NSCという吉本の養成所に入りました。

ある日、市営住宅で同居していた祖母に芸人になると話したら「市営住宅に住んでる人は芸人になられへんらしいで」と。今考えたら無茶苦茶な話ですが、おばあなりの止め方だったんだと思います(笑)。当時の僕は、なぜかおばあを信じて「それはしゃーないな」と納得しました。で、島川(さん)にこの話をすると、島川(さん)も、「へー。そりゃしゃーないなー」ってなったんです。でもそのままNSCには通っていて、そうこうしているうちに縁あって今の相方の矢野(さん)に出会いました。それが矢野・兵動の始まりです。

その後デビューしましたが、1.2年でトントンといって新人賞をいただいたり、給料も思ったより悪くなくて、「え!こんなラクにいけんねや!」と思っていました。でも4年目ぐらいから仕事がほとんどくなって、アルバイトをしながらつなぐ時期が10年ほど続きました。今思えば、その頃はきつかったですね。

柿炭

西宮には12の酒蔵があります。そのうち常時7蔵以上の酒を選んで用意しています。
西宮の酒を飲み比べするために遠方からわざわざお越しくださるお客さんもいるんですよ。
私は地元西宮の酒造メーカーで20年、蔵人(くらびと)として日本酒造りをしていました。
18歳から酒造りに励み、その道を極めてきましたが、自分が丹精込めて作った酒がどのように飲まれているのか

「蔵の中から見えないシーンを見てみたい」という気持ちが強くなって西宮えびす神社の近くに日本酒バーを開店しました。
お店には蔵人の実体験を聞くのを楽しみに訪れてくださる人も多いです。
蔵人は遊び心のある人が多く、「いかに美味しく日本酒を飲むか」を日々大胆に追求しています。
炭酸で割ったり、生酒を熱燗にしたり、カクテル風にしてみたり。
この店では、そんな蔵人流の日本酒の飲み方をみなさんに体験してもらったり、西宮の酒の飲み比べを楽しんでもらったりしています。
日本酒好きな方はもちろん、日本酒が初めてという人も、「日本酒」をキーワードに気軽に集ってもらえる空間です。
縁あって西宮で暮らし、働き、学んでいるみなさんに、ぜひもっと西宮の酒について知っていただきたいですね。

トリニティ

「究極のハンバーグ」は、あるお客様との出会いから生まれたハンバーグなんです。
そのお客様は、和食のお店の経営者で「神の舌を持つ男」。
店に食べに来られ、帰り際に「ここのハンバーグはとてもうまいが、飯が釣り合っていない」と言われたのが最初の出会いです。
どうしてもそのお客様に認めてもらいたくて、「もっとうまい米」を追求していたら、
今度は「このうまい米なら、ハンバーグにもう少し工夫ができるのでは」と。
なんだかイタチごっこのようですが、どうしてもそのお客様の口から「美味しい」という一言が聞きたくて、
研究に研究を重ねて完成させたのが「究極のハンバーグ」です。
メス限定の上質な黒毛和牛とイベリコ豚の最上級のミンチ、淡路島の天然藻塩、無添加・減塩で作られたパン屋さんのパン粉、淡路島の玉ねぎ、餌にこだわった鈴鹿の卵。
採算度外視で最高の素材をそろえ、自分でもこれ以上ないと思えるハンバーグが完成しました。

ワインショップ カーヴ・ド・テール

はい。ワインショップに行くと「フルーティーな」とか、「芳醇な」とか書かれた商品説明のPOPがあったり、
「辛口」や「甘口」といった目安になる表示があるかと思いますが、うちの店にはそのようなワインを選ぶための「手がかり」が一切ありません。
自分で見てわかるのはラベルに書かれた生産国ぐらいかな。
だから、自力では選びようがないんです。
ワイン専門店でワインを買う醍醐味って、「自分に合うワインに出会える」ということだと思います。
「ワインを選ぶ文化」を伝えたくて始めたお店なので、あえてソムリエに相談しないと選べないようにしてあるんです。
ソムリエの役割は、まるで「医者の診察」のようにお客さんの食生活やワインを飲む頻度、体調などを取材し、
「よく効く薬を出す」かのようにその人に合うワインを提案すること。
うちの店では、ぜひそんなワイン選びを体験をして楽しんで欲しいですね。

 

おもちゃクリエイティブディレクター

事務所の様子

Kukkiaは私が10年前に立ち上げた木のおもちゃgg*とkiko+のメーカーです。

私はもともとおもちゃメーカーで勤めていて、木のおもちゃを企画したり中国の工場におもちゃの製造をディレクションしたりするような仕事をしていました。

29歳の時に「自分のブランドを作りたい!」とパートナーと独立したのですが、ありきたりなやり方ではおもしろくないし、ブレイクを狙うならデビューは日本ではなくヨーロッパにしようと。いきなりドイツのニュルンベルクで行われる世界最大のおもちゃ見本市に出展したんです。今考えたらよくやったなと思います(笑)。

でも、そこから別ブランドkiko+を立ち上げ、フランス、パリのメゾン エ オブジェ出展などを機に、イギリスのコンランショップやエールフランスといったそうそうたる顔ぶれの会社が扱ってくれて、日本の市場でも「逆輸入トイ」として注目されるようになりました。

偶然起こったラッキーなようだけど、これは私の最初の読み通り。戦略通りなんですよ(笑)。

銀行員

インタビューの様子

銀行員になって5年目になります。「銀行員になりたい」と思ったのは、就職活動中です。就職活動を通してこれまでの自分を振り返ったときに、友達にケーキを作ったり、大学の放送部で合宿をみんなが楽しめるものにしようと企画したり、「周りの人に喜んでもらうこと」が、何よりの自分の喜びだと気付いたんです。

「人が喜ぶ顔が見える仕事」がしたいと考えていたとき、「人生設計や生活に深く関わる金融こそ、お客様ひとりひとりを心から笑顔にできるのでは」と気付きました。

金融業界の中でも池田泉州銀行を選んだのは、全員が総合職採用で将来的にいろいろな仕事にチャレンジできると感じたからです。また、産休後に「復帰セミナー」があるなど、女性が定年まで活躍できる環境であることも魅力的でした。

銀匙。

え!?言われたことないですけど(笑)。

確かに、夜はお客さんがいる限りやってますし、小腹も心も満たします(笑)。

お店はランチ営業もありますが、夜は5時からで閉店は「お客さんが帰るまで」とざっくり。

メニューも、お客さんの声でできたものが多いですね。

自分の中では「和食の店」なので、前までチーズを使った料理は出してなかったんですけど、

女性のお客さんに「チーズ料理も出して」と言われて、今では結構ありますし。

チキン南蛮も、お客さんに食べたいと言われて作ってみたらいつのまにか看板メニューのひとつになってました。

自分で考えたものでも、営業中にお客さんに試食してもらって意見を反映させることも多いです。

ほかにもお客さん一人一人の味の好みを覚えておくようにはしています。

同じメニューでも「この人は薄味」とか、「この人にはソースを添える」とか。

自分の家みたいにガッツリ食べてほしいので。

店主の井上さん

店主の井上孝さんは大社中学の卒業生

Pizzeria しんのすけ

確かにピザ以外のメニューもものすごく多いですが、

自分の中ではピッツェリア(ピザ屋)にこだわっています。だからピザ、食べてください(笑)。

地元の人にもっと日常生活の中で気軽に本場のピザを食べてもらいたいな、と思って始めたお店なんです。

おいしいピザを作るにはどう考えてもピザ窯のクオリティは外せなくて

本場ナポリから約3トンもする大きな石窯を取り寄せました。

ナポリは火山が多い地域でその地の岩は蓄熱性が高いのが特徴なんです。

温度も摂氏500度まで上がるので、ピザ一枚たった2分で焼き上がります。

うちのピザはよく「モチモチの食感」と驚かれるんですが、

それは、短時間で焼くことで生地の中の水分を飛ばすことなく焼き上げることができるからなんです。

ナポリのこの石窯でしか、この味は出せません。

ナポリの窯

グラフィックデザイナー

清水さんがデザインしたALO-ENのロゴ

実は、人生最初の就職先は銀行なんです。

小さい頃からイラストやファッションに興味があって、中学生になり自分で服を買うようになってからはストリート、モードなど、ジャンルを跨いで当時流行していたファッションをスポーツや音楽とともに楽しんでいました。就職は好きなことを仕事にしたい!とアパレル業界も考えたのですが、「ものづくり」や「ブランドをつくる」仕事にも憧れがあって迷っていたところ、銀行に勤めていた父から、銀行はいろんな立場の人や企業の家計を裏で支えたり、人のプライベートに寄り添い人生におけるお金の使い方をサポートする仕事は、銀行でないとできない仕事だということを聞きました。いつか将来、自分で事業を起こすとしても、まずは世の中のお金の流れを学ぶこと、人が何にどうやってお金を使うかを知ることが大切だと思い、まずは銀行に就職を決めました。銀行では融資課に配属になり、住宅ローンの審査業務や先輩方が進めていた企業融資のための審査資料作りの補助を担当しながら、決算書の見方や財務の勉強をしていました。

実際に働いてみると銀行の業務はとても幅広く興味深いものでしたが、あるとき同期の友人と話していて、彼が「10年後、銀行員として自分がどうありたいか」というビジョンをしっかりと描きながら目標を着実にこなしている姿を見て。改めて自分はどうかと考えると、依然ものづくりの夢を諦めてはいない気持ちが自分の心の中に存在していることに気づきました。「もし明日突然事故に遭って人生が終わってしまう可能性があるとしたら、自分は銀行員ではなくデザイナーとして死にたい」と、そのとき本気で思ったんです(笑)。

とはいえ、デザインは目には見えないクライアントの想いや、モノやコトに込められた本質を見える形、伝わる形へと視覚化していくのが仕事。職業として華やかに見えても、ひとつひとつの仕事、アウトプットの裏側では様々なハードルや制約があったりすることは銀行の業務と通じるものがあると感じていたので、生半可な気持ちではできないとわかっていました。そこで、ある人からのアドバイスで、自分を試す意味でも毎朝4時半に起きて卵の絵を描き続けることにしたんです。日が昇る時間や天気によって変わる影の角度や被写体の変化を観察して根気よく毎朝描き続けられるかどうか。これが続かなかったら、デザインお仕事はできないと判断して、夢は諦めようと思っていました。いざ始めてみたら毎朝早朝に起きることやうまく描けないことが苦しいようで、でもやっぱり楽しくて。銀行を退職するまでの3ヶ月間毎朝続けました。そして、退職後、デザイン専門の学校に通いはじめ、一からデザインの勉強を始めました。

餃子マルシェ

はい。全国各地の老舗店や地元で人気の名店の餃子が、わざわざ旅することなく甲子園口で食べられます。

栃木県の宇都宮餃子や静岡県の浜松餃子、滋賀県の近江牛の餃子、鹿児島県の黒豚餃子など30種類ほどの餃子があって、

通常、のれん分けでもしない限り外には出さないという名店の餃子ばかりを扱っています。

一言で「餃子」といっても店によって焼き方にこだわりがあって、単に取り寄せて焼けばいいというものでもないんですよ。

各店独自の焼き方を大事にしないとそのお店本来の味が出せないので、

現地の店を訪れて店主から焼き方を直々に教えてもらい、その通りの焼き方でお出ししています。

ドレスコーディネーター

大西さんとインタビュアー

ドレスコーディネーターになって5年目になります。大学生のみなさんは、ブライダルコーディネーターは知っていてもドレスコーディネーターはご存知ないかもしれません。ドレスコーディネーターは、結婚式の衣装や小道具に関わる部分を担っています。ウエディングドレスは、新婦様にとっては一番思い入れがあり、満足度につながる部分です。逆にいうと、ドレスの満足度が式全体の満足度に大きく影響するので責任重大です。洋服選びには慣れていてもドレスとなると「イメージがわからない」「似合うものがわからない」というお客さまがほとんどなので、「いかにその方らしさを引き出すか」が大切です。私たちドレスコーディネーターは、事前に新郎新婦様の馴れ初めやご趣味といった人となりから、当日の結婚式のコンセプトや会場の様子まで、ブライダルコーディネーターに細かくヒアリングをした上でドレスを提案しています。お好みを聞きながらぴったりの一着をご提案して喜んでいただけたときは、心からやりがいを感じます。ドレスコーディネーターは当日の式には出られないのですが、新婦様から「ぜひ見に来てください!」とお誘いいただけることもあるんですよ。

一歩め 阪神甲子園球場

トリカラスタンド

トリカラの写真

鶏の唐揚げというと「男子高校生の大好物」みたいなイメージがあると思うんですが、

うちの唐揚げは、女性がターゲット。

ブイヨンやハーブ、香味野菜をたっぷり使用したスパイシーな味わいに、

揚げ油には米油となたね油をブレンドして、さっぱりヘルシーに仕上げています。

硏究に3年もかけた、こだわりのトリカラなんですよ。

オープンして1年半経ちますが、ご近所さんはもちろん

遠方から噂を聞きつけて来てくださるお客さんも多いです。

味付けから店のインテリアまで、女性をたっぷり意識してるわりには、

近所の子どもから会社帰りの男性まで、いろんな人が来てくれています。

お酒や野菜料理もたくさんあるのでおひとり様にも好評ですし、

お客さんが思い思いに楽しんでもらえたらいいなと思っています。

麺屋桜息吹

P9020319

久留米出身なので、博多の豚骨ラーメンがベース。

でも、それにこだわってるわけでもなくて。

今年の10月で開店2年目に入りましたが、味は未だに日々進化してるんですよ。

「おいしい」と言ってもらっているものをわざわざ変えるのは挑戦だし勇気がいるのですが、

それでお客さんが喜んでくれるのが僕の喜び。

新しい食材を取り入れてみたり、麺の材料や太さを変えてみたり。

閉店後にいろいろ試行錯誤を繰り返しています。

僕がメニューを突然変えたりするのでアルバイトの子もたまにびっくりしています(笑)

いつもベストのものをお出ししていますが、僕は味を「守る」より「進化」していたい。

お客さんにもその「進化」を一緒に楽しんでほしいんです。

僕の自己満足なんですけどね(笑)。

今では「西宮らしい味」とお客さんに言ってもらえることもあって、とても嬉しいです。

イルカトレーナー

7200185

小学校5年生のとき、母が「夏休みのプレゼント」で和歌山の「イルカと泳ごうツアー」に申し込んでくれたんです。でも、蓋を開けてみれば周りの参加者はみんな兄弟や友だちと一緒。私だけおひとり様参加で、なかなか周りに溶け込めず。それが現地に着いてイルカと泳いだとたん、一気に周りの友だちと仲良くなれて。その時、子どもながらに「海っていいな、イルカっていいな」と感じたことがイルカトレーナーをめざしたきっかけです。以来、度々水族館に通うようになって、海の動物にも陸の動物にも興味を持つようになり、高校は畜産科に進みました。

高校3年で進路を考えたとき、「イルカトレーナーになりたい」と思ったのですが、どうやったらなれるのかわからなくて。とりあえず、図書館で全国水族館ガイドブックを見てひたすら住所と電話番号を控え、何十通と手紙を送りました。「私は高校3年生でイルカトレーナーをめざしています。どうやったらなれますか」みたいな内容だったと思います。でも、全く返信がなくて。「手紙でダメなら電話!」と作戦変更で、自宅近くの大阪近辺の水族館から片っ端に電話をかけました。そうすると、「実習制度があるよ」とか「話だけなら聞いてあげるよ」と言ってくれる水族館がいくつか出てきて。高校生でも参加できる実習制度を設けている水族館が全国に数カ所あることを知りました。

てんとうか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たこ焼き違うよ。「どてぼーる」食べてみて。

普通のたこ焼きよりも50円高いけど。食べてくれた人は絶対また買いに来はるよ。
見た目はたこ焼きだけど、中にどて煮が入ってるの。どて煮、知ってるでしょう。神戸の名物にもあるけど、牛すじとコンニャクを煮たものね。神戸のは醤油で味付けしてるけど、うちは名古屋の八丁味噌がベース。1時間半ゆっくり煮込んでるから、牛筋がすごくやらかいでしょう?煮込んだら一晩寝かせて、次の日の朝にもう一回ガッと火を入れるのが味がよくしみ込ませるコツ。
外はカリッ中はフワッの生地も、最初は苦労したけど今では我ながら完璧やわ!

小川尚久

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

違います。苦楽園で16年「ラット★レース」というアメカジショップをやっています。苦楽園のロゴがデザインされたTシャツは、2010年、店をオープンして10年目という節目に作った店のオリジナルTシャツです。以来、毎年デザインを変えて作り続け、今年で6年目になります。

なぜTシャツに「苦楽園」の地名を入れたかというと、実はオープン9年目、10年目が一番店の経営が苦しい時期で。状況を考えたときに「10年もやってきたけれど実は町の人に店のことを知ってもらえてないのでは」と思ったんです。確かに、それまでは自分の商売のことだけを考えていて、「地域と交流する」という考えは全くありませんでした。でも、それではいけないと気がついて。「このままで終わりたくない!」という必死の思いもあって、「もっと地域の人とつながっていこう」「この町のために働こう」と、意識をガラリと変えたんです。そうすると、「苦楽園は店の入れ替わりが激しく、商売が難しい」という町の抱える問題も見えてきました。自分と同じように苦楽園で頑張っているお店のためにも、もっと広く苦楽園を宣伝して人が集まる町にしたい。そんな想いを込めて自分の店のオリジナルTシャツに「苦楽園」という地名を入れたんです。これがラットレースオリジナルTシャツ、略して「ラッティ」の始まりです。