よくある質問 お問い合わせ facebook

SAKURA NAVI やりたい仕事、見つけよう!

女性が活躍

社会福祉法人一羊会

住み慣れた西宮で
しょうがいのある人たちが
いきいきと暮らせるように

社会福祉法人一羊会は、しょうがいのある人たちが「住み慣れた西宮で当たり前に働き、安心していきいきと暮らしていけるように」と、1976年に設立されました。以来、『一羊園』『すずかけ作業所』『ジョイント』など市内8つの事業所で、しょうがいのある人たちの生活を支えています。

私たちの会社はこんな所です。

住み慣れた西宮で、その人らしくいきいきと生活できるように

社会福祉法人一羊会は、知的にしょうがいのある子を持つ親の想いから作られた法人です。
「しょうがいがあっても、将来安心して働き暮らせる地域づくりを」と願う親が中心となり、西宮市の行政と連携して
1976年に設立されました。
その後、入所施設『一羊園』、働く場・生活する場として『すずかけ作業所』を開設し、現在では児童から成人の方まで
を対象に西宮市内の8つの事業所で延べ32事業を運営しています。
これからも多くの人に耳を傾け、しょうがいのある人が当たり前に働き暮らしていける環境を整えていきたいと思います。

地域とのつながりを大切に、一人ひとりに寄り添った支援をめざして

一羊会では、知的にしょうがいのある児童から成人の方までの支援事業を運営しています。
成人の方への通いのサービスとして、屋外では公園や河川敷の除草作業、マンション等の清掃、資源回収などを、屋内ではミシン縫製や地元企業からの下請作業などを行っています。
利用者さんと職員が一緒に働き、一つの作業をやり遂げた時の達成感や一体感は得難い喜びとなり、信頼関係も深まります。利用者さんは自分の仕事に誇りを持って取り組み、時には慣れた手つきで職員に教えてくれることもあります。
また、自宅での生活が難しくなった方が安心して生活していけるよう、入所施設やグループホームも運営しています。
利用者さんにとってかけがえのない大切な居場所となるべく、生活面でのサポートを行っています。
自宅で生活している方への支援として、ホームヘルパーの派遣や、社会に出て楽しみの場が広がるようガイドヘルパーの派遣も行っています。
知的または発達しょうがいがある児童や生徒へは、発達や自立に関わる通いのサポートをしています。できないことの克服ではなく、「できそうなこと」に着目し「できること」を伸ばしていく支援をしています。
地域の方々から資源回収や団地の掃除、個人医院や会社周りの花壇のお手入れなどを依頼され、それが利用者さんの大切な仕事になっています。
一羊会の名産品のひとつである「おかし工房すずかけ」のクッキーは西宮市内のスーパーで販売するほか、事業所内に併設しているカフェでも販売し、しょうがいに関わりの無い方でも気軽に足を運んでもらえる場所となっています。
また、自分らしさを表現する場として絵画制作などのアート活動にも力を入れています。色々な場所で展示会を開催するほか、利用者さんが描いたデザインをTシャツや雑貨など様々なものに形を変え、販売しています。
利用者さんのニーズは様々で、みんながそれぞれに自分の人生を豊かにするために事業所を利用しています。
私たちは利用者さんの思いを大切にしながら、利用者さんが主体となって力を発揮できるよう支援するとともに、一人ひとりの個性を大切に寄り添ったかかわりをすること、その人らしく社会の中で生きていけるよう支援しています。

 

せっかく働くなら、楽しく働いて成長したい!

一羊会では、「職員が気持ちよく働ける環境づくり」を大切にしています。どの事業所もチームワークを大切にした働きやすく温かい雰囲気で、「困った時は相談し、嬉しい時は共有する」ことを大切にしています。
新入職員の方には、段階を踏んで学べる独自のテキストや研修、面談の機会があり、安心して学び、働ける体制を整えています。
キャリアアップの面では、経験年数や能力に応じての昇給や昇進、一般職から管理職までのキャリアパスもあり、頑張りがしっかり評価される体制です。「さまざまな事業所を運営しているので関わった分だけ知識と経験が得られる」ということも一羊会の強みです。
産休や育休も取得しやすく、復帰後のフォローもあり女性の管理職も活躍しています。

この仕事は、利用者の方のライフステージに一番近くで関わり、一緒に成長していける仕事です。
工夫した支援が成功したとき、利用者の方の笑顔が見られたとき、利用者の方のできることが増えたときは何物にもかえがたい喜びがあります。

そして、失敗と成功を積み重ねることが自信につながり、自分自身の内面も成長していくことができます。
利用者の方それぞれの個性を活かせるような新しい仕事を作り上げていったり、その人の思いを大切にしながら暮らしがよりよくなるような工夫を考えてみたり、そんなクリエイティブな側面も持ち合わせています。

福祉の仕事をめざす方、興味のある方は、ぜひ、気軽に私たちの仕事の様子を見学に来てください。実際に体験してみることで、いろんな発見をしていただけると思います。

社員インタビュー

大切なのは、利用者さんとの信頼関係。
「必要とされている」と実感できる仕事です。

私は西宮市出身なので「すずかけ」のことは知っていました。大学では福祉を専攻しており、入所施設や作業所など様々な施設がある「一羊会」なら、いろんな経験ができると感じ入職を希望しました。

最初の頃はコミュニケーションの取り方も分からず悩むこともありましたが、少しずつ信頼関係を築いてきました。なかなか理解できなかった利用者さんの言葉が分かるようになった時はとても嬉しかったですね。

現在は利用者さんの年齢も高齢になり、求められるニーズも変わってきました。屋外作業、屋内作業、自主製品の製作など、利用者さんそれぞれがしたいこと・できることを理解し、その人の生活がより充実したものになるよう個別に対応することを心がけています。
今でも利用者さんから教わることや気付くことがあり、発見と成長の毎日です。
いかにその人にとっていい環境を作ることができるのか。明日もまた来たいと思ってもらえるか。作業にやりがいを感じてもらえるか…そんな事を考えて、日々利用者さんとじっくり向き合っています。

だからこの企業がオススメ

一羊会は、地域に開かれた法人を目指しています。自治会や学生の方と実行委員を作り、企画・実施しているフェスティバルは20年以上続き、毎年たくさんの方が参加しています。体験型ワークショップでは未就学児のお子さんから年配の方まで幅広い年齢層の方が参加され、体験や交流の場だけでなく、「一羊会のこと」「しょうがいのこと」に触れる機会になっています。
会社情報 CORPORATE INFORMATION
会社名 社会福祉法人一羊会
所在地 〒663-8241 兵庫県西宮市津門大塚町1-47
代表者 理事長 三浦昇
設立 1976年6月
従業員数 229名
事業内容 一羊園 すずかけ作業所 すずかけ第2作業所 武庫川すずかけ作業所 すずかけ労働センター 上甲子園すずかけ作業所  地域生活支援センター「ジョイント」・カノン・カノン今津の運営
採用情報 CAREERS
会社名 社会福祉法人一羊会
採用職種 生活支援員
勤務地 西宮市内に複数あり
勤務時間 事業所ごとに異なる(日勤のみ・早出・遅出・夜勤・宿直ありなど)
採用スケジュール 随時募集( 1 次選考:面接 2 次選考:体験実習 )
給与 詳しい情報については一羊会ホームページをご確認、または法人本部までお問い合わせください。
休日休暇 詳しい情報については一羊会ホームページをご確認、または法人本部までお問い合わせください。
保険 社会保険完備 ・ 退職金制度(2 種)
連絡先 担当者名:久保
電話番号:0798-31-1760
ウェブサイト http://www.ichiyou-kai.or.jp/

質問・応募フォーム

*すべて必須項目です。
項目
お名前
フリガナ
学校名
卒業
年 卒業見込み
性別
お電話番号
メールアドレス
ご希望の返信方法
質問内容
応募の動機
自己PR全角およそ1,000文字まで
送信内容を確認する