よくある質問 お問い合わせ

SAKURA NAVI やりたい仕事、見つけよう!

  • > 市長今村の人生相談所

市長今村がズバッと解決 市長今村の人生相談所 恋の悩み、人間関係の悩み、将来の悩み。人生に迷ったらとりあえず今村市長に聞いてみよう。西宮市長・今村岳司が大学生のお悩みにお答えします。

市長今村の人生相談所
  • 男

    大阪経済大学
    3年 黒瀬徳洋さん

    私は今インターンシップを控えています。アルバイトで社会経験はありますが、実際に企業で社会人として、働くのは初めてです。社会人として大切な心構えはなんでしょうか?

    ズバッ!と解決 市長今村の回答

    自分の思いどおりの環境などないことを悟ることです

    今村市長

    入社する企業は、自分が造ったものではありません。「自分にぴったりの仕事さがし」などという人がいますが、あなたにぴったり合わせてくれる組織や仕事などありません。仕事のおもしろさ、自分を成長させる環境は、その組織中に、自ら見つけ出し、造りだすしかありません。
    まずはその企業の現実を受け容れる必要があります。環境も商材も選べません。その部署、その上司の下で、その商材を売ることを受け容れなくてはなりません。その環境を変えたいのであれば、「こんなのはおかしい」というあなたの意見に周囲が耳を貸す情況を造らなければいけません。改善提案は、その環境で成果を出した者にのみ許されることです。成果を出していない者の提案は、提案ではなく言い訳ととられます。成果を出し、発言する権利を掴み取った者だけが、その組織を成長させ、それによって自らも成長させてきたのです。
    それを受け容れられないなら、自分が輝ける環境を自分で造るしかありません。つまりは起業です。それはそれは、既存の環境にフィットすることの何倍もの労力が必要です。既存組織で成長する程度のことを一度も成し遂げていない人が、簡単にできることではありません。
    世には、自分で左右できることとできないことがあります。うまくいかない原因を外部に求めると、解決できないことを認めることになってしまいます。
    そこにいるだけで成長できるような場もなければ、あなたに都合よく合わせてくれるような場もありません。環境を自分で選べない「企業」で働くのであれば、どんな環境であっても自分のやりたいことをやり遂げるという柔軟性と強い覚悟が必要です。

  • 女

    関西学院大学
    経済学部
    3年 東美穂さん

    私は選択が苦手です。買い物などの身近な場面でも、重要なことを決める場面でも、だらだらと迷ってしまいます。何かを決めるとき、コツはありますか。

    ズバッ!と解決 市長今村の回答

    選択にあまり意味がないと悟ることです

    今村市長

    選択とは、しばしば期待されるべき結果があっておこなわれるものです。このワンピースを気に入って着るだろうか、彼とは幸せな家庭を築けるだろうか。期待する結果をもたらす可能性の高い選択かどうかを、逆算によって計算するものです。よって、選択における迷いとは、計算に確証が持てないために生まれるものです。

    しばしば選択は期待した結果には繋がりません。そして、計算間違いをしたと思うものです。しかし、そうではありません。期待されるべき結果を自動的に導くような選択など存在しません。期待した結果がもたらされなかった原因は、計算間違いにあるのではなく、選択を期待した結果に結びつけられなかった、選択以降の自らの行動にあります。

    逆説的にいえば、どのような選択からであっても、期待した結果を導くことは可能です。「自分が選択した」ということを気に入る理由にすればいいのです。「一目惚れしたワンピース」だから、あなたに似合う服なのです。自分が選んだ彼と築くのだから、幸せな家庭なのです。むしろ、そのワンピースが似合わないなら何を来ても似合わないでしょうし、彼との結婚に満足できないなら誰と結婚しても不満を持つでしょう。問題は選択ではないのです。

    選択にはさほど意味はありません。だいじなのは、選択のあとでその選択を期待される結果に結びつける能動的な行為と思考です。

    私は政治家としての人生を歩むことになった選択を正解とも不正解とも考えていません。選んだのは過去であって取り返せません。その過去を正解にするためには、政治家としての人生を幸せなものにしようとするだけです。

  • 男

    匿名さん

    私は朝早く起きることが苦手です。早く寝ても早く寝ただけ睡眠時間が増えるだけです。気持ちよく早く目覚めるにはどうしたらよいですか。

    ズバッ!と解決 市長今村の回答

    さいしょの一週間で強引にルーティン化しましょう

    今村市長

    ルーティンとして身につけましょう。そのためには、まずさいしょの一週間、ルーティンを身につけることだけを最優先して生活することです。他に悪影響が及んでも。
    毎朝10km走ろうと思いました。なので、さいしょの一週間は何があっても走ることにしました。早朝から仕事があっても走りました。気ぜわしかったです。前日酒を飲んでいても走りました。気持ち悪かったです。大雨でも走りました。寒かったです。
    そうすると、翌週から、朝走らないのがもったいなくなりました。あんなに朝から忙しかったのに、あんなに気分悪かったのに、あんなに天気が悪かったのに、それでも走ったのです。余裕があって、体調がよくて、天気がいい日に走らないなんて、もったいないです。だから走りました。それ以降は、事情があって休んでも、習慣が途切れなくなりました。
    5時に起きる。前日遅くても、酒を飲んでいても、午前中に何の用事もなくても、5時に起きる。それを一週間、最優先して続けてください。そうすれば、からだは考えなくても、しぜんと5時に起きるようになります。
    いま私は目覚ましなくても同じ時間に目が覚めて、同じ時間風呂に入り、同じ時間お灸をして、同じものを同じ量食べて、同じ時間に出勤します。同じ昼食をとり、また風呂に入ってお灸をして寝ます。そこに思考も感情も入りません。

12